カラコンで印象チェンジ

カラコンで印象チェンジ > 相談内容 > カラコンを旅行に持って行く際の注意点

カラコンを旅行に持って行く際の注意点

旅行に行くときにカラコンを持っていく人も多いと思います。

しかし、カラコンを持って行って旅行先で利用することができないということもあります。

そのため、カラコンを旅行に持って行く際の注意点として、この記事では紹介していきたいと思います。

旅行で飛行機に乗るという人も多いと思いますが、「カラコンを持ち込んではいけないのでしょうか?」

答えは「飛行機のカラコン持ち込みは問題ありません」。

理由としては、カラコンは「高度医療機器」に指定されている医療品だからです。

そのため飛行機に乗る時の保安検査で引っかかることがないため、荷物の中にカラコンを入れておいて問題なく、検査を通過することができます。

しかし、ここで注意点があります。

それは、カラコンのケアする時に必要である「保存液や洗浄液」を飛行機に持ち込む時です。

国土交通省のHPによると、国内線の飛行機に搭乗する場合は、化粧品や医薬品・医薬部外品は「1容器あたり0.5Lまたは0.5kg」の制限があるとなっています。

しかし、国内の店頭で販売されている多く保存液や洗浄液は、「0.5 L以下」になっているため、規定以下のものであれば持ち込んでも問題ありません。

国際線の飛行機の場合では、保安検査の時に「医薬品である」ことを申請しておくことで、飛行機内で必要な量に限り持ち込むことが可能になります。

ですが、持ち込むためには条件があり、「容器に製造元のラベルが貼られていること」が必須です。

ラベルが貼ってなかったり、何も記入されていなければ説明を求められるので、余計な時間と労力がかかってるので注意しておきましょう。

他にカラコンを飛行機で持ち運ぶ時の注意点として、スーツケースやボストンバッグの中に保存液、洗浄液を持ち運ぶのであれば、「液漏れ」をしてしまう可能性があるので、スーツケースやボストンバッグの中に入れる時は、プラスチック袋やジッパー付きの袋に入れておくことをおすすめします。

カラコンを旅行に持っていく時の注意点を頭に入れておいて余計な時間と労力がかからないように、旅行をエンジョイしてください。

相談内容

人気カラコン